バンクシーの正体とは?絵の特徴と1億で落札したのは誰?

こんにちは(^^♪
2016年10月31日の「世界まる見え!テレビ特捜部」で、「バンクシー」というアーティストが紹介されます!
彼は、イギリスのロンドンで活躍する覆面の芸術家です。
社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取っています。
驚きなのが、世界の有名美術館の人気のない部屋に勝手に自分の絵を飾っていたりすることです!
よく持ち込めましたね|д゚)
カメラもあるから、普通は気づかれるでしょうに…w
警備員さんがさぼっていたのでしょうか。
このバンクシーという方は、詳細が不明なことも多いですが、できるだけ掘り下げてお伝えしたいと思います。
【プロフィール】
名前:ロバート・カニンガム
生年月日:1974年生まれ(41か42歳)
出身:イギリスのブリストル

不明な点が多すぎますね!
ですが、写真家のスティーブという人がバンクシーのエージェントをしており、ロンドンのソーホーにLaz Inc.というギャラリーを所有し、そこではバンクシーの作品が購入できるというんです。
金額的に買える値段ではないでしょうが、見てみたいですね!
なんて言ったってとある絵は1億円で落札されたといいますからね。
到底変えないですw
また、写真家のジェームス・パフという方が、覆面状態ですがバンクシーのポートレイトをとっており、ロンドンのナショナル・ポートレイト・ギャラリーに展示しているそう。
これも見てみたいですね!
どんな覆面を被っているのかも気になりますし!
アニメキャラ?アイドル?戦隊ヒーロー?
www
分かり次第追記します!
では、気になるのはどのような絵を描いているのかですよね?
「子供が壁に穴を開けている絵」
「穴の開いた壁から見えるビーチ」
「倒れるまで買う」
「裸の男がバスルームの窓からぶら下がっている壁画」
「化粧をするウサギ」
などのタイトルの絵を世界各国に描いています。
どれも、アーティスティックな構図で、彼の伝えたいメッセージが込められた絵だと感じます。
実際に見たら100%シビれるんだろうと思います。
また、彼を題材にした映画も撮られているんです。
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」
「バンクシーの世界お騒がせ人間図鑑」
というものです。
私も詳しい内容は知りませんが、彼の人生を基にした映画になっているのではないでしょうか。
生い立ちや、なぜストリートアーティストになろうと思ったのかなど知りたいです。
DVD化しているかはわかりませんが、ネットなどでは買えると思うので私も機会があったら見てみたいと思います。
では、そんなバンクシーさんの絵画の中で一番高く売れたのはどの絵で、だれが買ったのでしょうか?
【一番高く売れた絵は?】
どの作品かはわかりませんが、ネットで見た最高金額は約1億円!
その次が7500万円!
ですが、バンクシーさんはお金よりも思いを大事にしているようで、一時期告知なしでニューヨークの路上で6000円程度で売っていたとか…
欲しかったw
現在の価値だと数千万だとか…
すごい‼‼
【落札者は?】
有名なのは、アンジェリーナジョリーさん、クリスティーナ・アギレラさんですね!
きっと日本人にもいるんじゃないでしょうか?
私の想像では宇多田ヒカルさん、福山雅治さんとか、窪塚洋介さんあたりが持っていそうな感じがします。
あくまで勝手な想像ですw
【まとめ】
きっとこれからも世界各国でメッセージ性のある絵を描いていかれると思います。
彼の絵を見て感動する人、幸せに、笑顔になれる人などが数多く表れてくれることを楽しみにしています。
今回この記事を書く中で私もファンになってしまいました。
これからも、彼を追っていき、新しいことがわかったら追記していきたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

この記事へのコメント